スポンサーサイト

2014.04.20 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画「OK牧場の決斗」のレビュー & DORA麻雀の役「清一色」

    2014.04.06 Sunday

    0
      先月受けた検査の結果が戻ってきてしまった!ヽ(´▽`)/へへっ

      その結果はというと
      全て正常プー!(*≧m≦)=3

      あ〜マジ問題無くてよかった
      近頃、卓球をやるようにしてる成果だろうか?ヽ(=´▽`=)ノ

      明日からも続けよう(( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+( ̄ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ー+ ̄)ニヤニヤニヤニヤリ

      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      映画って本当に面白いですよね〜
      だから映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!!!(v ̄ω ̄(v ̄ω ̄(v ̄ω ̄)イエーイ♪
      ってヤフーに載ってる感想ですが( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ


      今日は「OK牧場の決斗」の感想を紹介したいと思っています!!!!


      この映画の製作年は1957年です。

      この映画の主役はバート・ランカスター (ワイアット・アープ)とカーク・ダグラス (ドク・ホリデイ)です。。。。o(゚^ ゚)ウーン

      取り敢えず、この映画の俳優さんは、バート・ランカスター、カーク・ダグラス、ロンダ・フレミング、ジョー・ヴァン・フリート、ジョン・アイアランド〔男優・1914年生〕、デニス・ホッパー、デフォレスト・ケリー、リー・ヴァン・クリーフ、ジャック・イーラム、テッド・デ・コルシアって感じですね(*^-゚)vィェィ♪

      私の中ではそこそこ面白いんだけど、
      そんなに面白いか?っていう感じなのに
      思わず見てしまう代表的な西部劇。


      という位置づけ。

      というより、ワイアットアープとドクの話って、
      なんかよくわかんないいざこざで話が
      大きくなって、なんか決闘する。

      という大まかな流れしか追わずにボーっと見てしまう。

      でもなんかいいんですよね、もう、
      史実だしいっかみたいな感じでぜんぜんドキドキしないんで
      すけど、決闘だけはなんか知らないけど応援しちゃうみたいな感じで
      す。

      それにしても荒野の決闘と違って、
      モッサリしてますよね(笑)伝統芸能なのか?っていうほどのあの様式とあの風景。
      たまらんなぁ。

      決闘までがもうどうでもよくてすんごいイライラするんで
      すけど、OK牧場に行くあのシーンからは
      黙ってみとけな状態です。

      これって何回見たかわからないし、
      これからもテレビでやってたらボーっと眺めてしまうで
      あろう映画なんですけど、一番よく見たのが
      幼稚園から小学校低学年くらいなんで
      すよ。

      だから細かい筋なんかはよくわかってないし、
      当時はこれを映画であるという認識すらしていない。

      だけど、見るたびにあのアープとホリデーの変な関係が
      かっこよくて憧れちゃうんですよね。

      やっぱいいなぁ西部劇は。

      別に面白くなくたって、どれだって放送してくれているとうれしい。




      ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

      麻雀の役って一杯ありますよね〜(・x・)ぷっ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
      という事で、今回は清一色に焦点を当てたいと思います|* ̄ー ̄|


      喰い下がりありの六ハン役(鳴けば五翻)。
      手牌14枚を全面的に一色に染め上げる至高の役。


      その見た目の美しさと、役満を除いた全部の役の中でもっとも高いハン数を持つ
      打点の高さは病みつきになるほど……

      だけど、それ相応にあがりにくく、リスクも高い[壁]_・)_・)_・)_・)ノオイッス

      まず、同じ色の牌が14枚も必要になりますから、
      配牌の際点でよほど偏っていなければ厳しい。

      清一色を狙える配牌を引き当てても、
      往々にして「萬子(マンズ)だけ一切捨てられていない」と言うような河になりますから、
      チンイツ狙いがすぐバレて警戒の対象になりやすい。


      特に、数牌の4〜6などの、本来なら使い勝手が一番良く最後まで残されるはずの牌を
      序盤から切っているとなおさらすぐバレるから、
      鳴き・ロンはあまり期待出来ない(*ノェノ)キャー


      また、一色で染まるということは構成が複雑になるんですことも意味する。

      清一色(チンイツ)でない、異なります色の数牌を使う普通の平和などの手や、
      チンイツでもいくつも鳴いた手では、どの牌がどのメンツに属しているのかは容易に判別出来る。

      しかしながら、門前(メンゼン)の清一色だと1つの牌が他の色んな牌と面子(メンツ)を組める状態になるから、
      待ちが3面張は当たり前、多ければ5面張以上にもなる事がある。

      うっかり誤立直・誤ロンしませんように細心の注意を払わなくてはなりませんヘ(^-^ )ィ ネェネェ、耳かして…


      なお、九蓮宝燈は清一色の上位に位置する役で、
      111・2〜8・999+何かという形である。また、ローカル役の大車輪は認められない場合、
      断公九・ピンフ・二盃口(りゃんぺーこー)・チンイツの11翻役となります(;^_^A アセアセ・・・


      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓↓


      ------------------------------------------------------

      清一色(出現割合:0.94%)
      「ロン!」と言われて全て同じ色なら頭の中が真っ白になるぐらい麻雀の中で圧倒的な破壊力を持つ役。喰い下がり五飜もドラや一気通貫ですぐにハネ満まで見える。
      もちろん、局を終わらせるぐらいの火力を持つのだからその勝負手は危険牌をどんどん切る覚悟も必要になる。テンパイならもちろん勝負だが、イーシャンテン、リャンシャンテンなら少し迷うところだ。
      ------------------------------------------------------

      ・・・とこんな感じの説明です。うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ


      今晩はこの辺で
      しっかし今日は何故か腰が痛い。。治ってほしいなあ。。
      ばっはは〜い★*♪。☆*★*♪。☆*★*♪。☆*(^∇゚*)ノ" オヤスミィ♪

      DORA麻雀の登録方法




      おすすめ記事




      スポンサーサイト

      2014.04.20 Sunday

      0
        コメント
        コメントする