スポンサーサイト

2014.04.20 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    映画「パーフェクト・ストレンジャー(2007)」の感想 & DORA麻雀の役「九蓮宝燈」

    2014.04.08 Tuesday

    0
      季節もガラッと変わり秋になりましたね〜シトリボッチ.....ρ(= ̄ε ̄≡ ))(涙)(( ≡ ̄ε ̄=)q .....イジイジ
      寝るときは肌寒く毛布を用意しないと寒い気がしてなりません
      秋風邪にならないよう温かくして寝ようヾ(≧∇≦ )ブハハハ!ヾ(≧∇≦)ノブハハハ!( ≧∇≦)ノブハハハ!

      ●●●●●●●●●●●●●●●

      映画って本当に面白いですよね〜
      だから映画の魅力を伝えたい!と思います!!才Ξ⊃゛├_〆(・・ )
      とは言ってもyahooレビューに載ってる感想ですがヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ


      今日は「パーフェクト・ストレンジャー(2007)」の感想ですね!!ヶヶヶ!Ψ(`∀´Ψ)( `∀)( `)( )(´ )(∀´ )(Ψ`∀´)Ψヶヶヶ!


      この映画が作られた年は2007年です

      この映画の主役はハル・ベリー (ロウィーナ・プライス)とブルース・ウィリス (ハリソン・ヒル)です!!!!(-_-;ウーン

      この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、ジョヴァンニ・リビシ (マイルズ・ヘイリー)、ニッキー・エイコックス (グレイス)、ジェイソン・アントゥーン (ビル・パテル)ってな感じ(*'ー'*)ふふっ♪

      筋立ては至ってシンプルですし、真相へ繋が
      るヒントも数多く出されています。
      だのに、何となくごちゃごちゃしている印象。

      その結果、どんでん返しのカタルシスが
      目減りしていると感じました。


      もったいない。


      物語の主軸を明確にして、スッキリと見せる工夫が
      必要だと思います。

      もっとも本作最大の難点は、疑惑の男ヒルが
      全然悪そうに見えないこと。

      B・ウィリスの配役に難アリ。



      ●●●●●●●●●●●●●●●

      麻雀の役って一杯ありますよね〜。┗┓ ̄旦 ̄┏┛フフフ
      DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
      という事で、今回は九蓮宝燈に焦点を当てたいと思います( ̄ー+ ̄)


      九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)は特殊な形のメンチンですと定義できる。
      すなわち同色の数牌で次のような和了を作った際に成り立ちます(*'-')b OK!


      一萬一萬一萬二萬三萬四萬五萬六萬七萬八萬九萬九萬九萬 + 任意の同色牌


      門前(めんぜん)でなければならず、チー・ポンは当然のこと、1や9を暗槓(アンカン)した形も認められない。

      また、九蓮宝燈(チューレンポートー)のテンパイ形からリーチを掛けた場合、4枚目の1や9を引いてきても暗槓(アンカン)できませんε=ε=ε=┌(;*´Д`)ノ


      元来は後述する9面張の形じゃなければ九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)として認められなかったが、
      現時点で一般的なルールでは待ちの形は問われず、
      最終的な和了形が上の牌姿になっていれば九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)として認められる。

      つまり9面張ではない以下のようなテンパイ形からあがりしても九蓮宝燈(チューレンポートー)になるワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク


      一筒一筒一筒三筒四筒五筒五筒六筒七筒八筒九筒九筒九筒 の形で、二筒でホーラ。
      ワクワク}}


      このような9面張ではない形は、古くは「準正九蓮宝燈」「準性九蓮宝燈」
      「準九蓮宝燈」と呼ばれることがあった(゚ω゚)(-ω-)(゚ω゚)(-ω-)ゥィゥィ

      が、「純正」と「準正/準性」が同音であるためまぎらわしく、
      「準」の字を使う言い方は既に廃れている。

      現在は「じゅんせい九蓮」と言えば9面張の形である「純正九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)」を示すスタタタタタッ(((((((((((_´Д`) アイーン


      その華麗な牌姿から数多くの打ち手が憧れる役満の筆頭であり、
      麻雀最高峰の役とされているが、それだけに難度が高く、
      天和(てんほう)・地和(ちーほー)と並んで希少価値が高い。

      和了のパターンとしては、清一色から手が伸びて九蓮のテンパイになり、
      高目となるんです牌であがり、という形がほとんどである(・∀・)9 おうっ!

      1と9が早い段階から対子以上だったり両方とも暗刻(アンコ)だったりすれば、
      多くの打ち手が九蓮宝燈(チューレンポートー)を意識するものの、
      最終的に純正9面待ちになるのは非常に稀である。


      実際、コナミの麻雀格闘倶楽部が2003年10月に集計した統計記録によると、
      高目九蓮宝燈(チュウレンポウトウ)は全役満19万1724件中308件で0.16%、

      これに対し9面待ちの九連宝燈は32件で0.0167%であった∃ □ =ノ 勹_〆(・・ )
      (ただし、当時の麻雀格闘倶楽部では「九蓮宝燈(チューレンポートー)はマンズのみの役」
      というルールになっていた)



      当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
      しっかり覚えておいて下さいね!!
      基本ですので・・・


      DORA麻雀の場代

      DORA麻雀の解説を見てみましょう
      ↓↓↓↓


      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      九蓮宝燈(出現割合:0.00045%)
      九蓮宝燈も若干ルールによって変化するであろう役満。
      DORA麻雀では九面待ちでダブル役満になるローカルルールは採用されていない。
      また、九蓮宝燈はマンズかどうか? と気になるところだが、DORA麻雀ではマンズ、ソーズ、ピンズの全て九蓮宝燈を採用している。

      ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      ・・・とこんな感じo( ̄ー ̄;)ゞううむ


      今から11時間後にはついに待ちに待った中学2年生の友だちとの麻雀だよ♪
      早く来ないかなx・)ぷっ



      おすすめ記事




      スポンサーサイト

      2014.04.20 Sunday

      0
        コメント
        コメントする